陰部の黒ずみにピーリング

陰部の黒ずみにピーリングのリスク!悪化をさせる可能性あり

ピーリングを解説するイラスト

 

陰部の黒ずみをホームケアする方法のひとつがピーリングを使った方法です。

 

黒ずみの原因は皮膚に色素を持つメラニンが沈着をしてしまっていることです。そのため、黒ずみを解消するのであれば、色素沈着をした皮膚を排出する必要があります。

 

ピーリングは古い皮膚である角質をはがす働きがあるので、色素沈着をした皮膚ごと外に排出する効果が期待できるのですね。

 

皮膚はターンオーバーと呼ばれる周期によって古い皮膚を角質として排出をし、新しい皮膚を作りだす働きがあります。

 

陰部の黒ずみを解消する為に大事な働きではあるのですが、自然と剥がれのを待つのではなく、強制的に排出をさせてしまうのがピーリングです。

 

しかし、肌への負担などもあり副作用から悪化をしてしまうリスクもあります。

 

ここでは陰部の黒ずみをピーリングでケアする効果からリスクなどの副作用の危険性についても解説をしていきます。

 

陰部のピーリングの効果は角質の排出

 

ピーリング剤

 

陰部の黒ずみをケアするのであれば、色素沈着しているメラニンを除去するか、外に排出するかのどちらかしかありません。

 

そのため、美白クリームであればメラニンの生成を抑制しながら、ターンオーバーの促進を促し、角質ごと外に排出をしてしまいます。黒ずみ薬として知られるハイドロキノンとトレチノインを使った方法はそもそものメラニンを作りだす細胞を小さくし、角質をはがす働きの効果があります。

 

実質、陰部の黒ずみを解消するケアとして用いられる方法は、色素沈着している古い皮膚である角質を外に排出する方法のみとなるのですね。
その方法を何を用いて行うのかが異なってきます。

 

ピーリングの効果に関しては肌の働きで自然と皮膚を輩出するのではなく、粒子の大きいピーリング剤とこすることで強引に排出させる方法です。

 

そのため、陰部の黒ずみを解消するのに効果がある方法といえます。
しかしながら強引に排出させるため、副作用としてのリスクも当然のことながらあらわれてきます。

 

陰部にピーリングの副作用!刺激から黒ずみが悪化するリスク

 

 

ピーリングは非常に効果のある方法ですが、肌への負担が強く刺激を与えてしまう美容ケアのひとつです。

 

陰部が黒い原因は刺激によってメラニンの生成を促進させることからもわかるように、ピーリングによる刺激から黒ずみが悪化をしてしまう副作用があります。特に股の部分は他の肌の部分に比べて皮膚の層が薄く、刺激が伝わりやすくなっています。

 

そのため、陰部にピーリングをすることはリスクが高くなってしまう方法でもあります。

 

最近では医薬部外品のクリームを使う人が多いですが、ハイドロキノンやトレチノインなどの医薬品を使わない人がいるのには理由があります。病院での処方が必要で薬局で購入できないのもひとつの理由ですが、刺激が強いので悪化をさせてしまう副作用があるからなのですね。

 

医薬部外品のクリームが人気な理由はピーリングやハイドロキノンのような刺激のある方法ではなく、できるだけ低刺激の成分で美白と保湿のケアができる点なのですね。

 

陰部は皮膚が薄いので肌に優しいケアが必要

 

ピーリングが有効な方法だからと実際に試してみたものの、効果を感じれなかった人も多いです。

 

理由としては色素沈着をしている角質をはがしてはいるものの、刺激から新たにメラニンが生成されている点があげられます。いくら排出をしたとしても新たに原因を作りだしているので、必ず効果が感じれる訳ではありません。

 

特に肌は乾燥をしているとバリア機能の低下から刺激を軽減できなくなりますが、陰部が黒い人は乾燥をしていることが多いです。
そのため、ピーリングの刺激でメラニンが生成されやすい原因にもなります。

 

また、いくら効果のある方法だとしてもただ使えば効き目がだれにでもあらわれるようなことはないです。効き目のあるケアをしながら原因を解消しなければ、色が更にドス黒くなってしまうこともあります。

 

効き目があったとしても乾燥対策や刺激を与えないように気おつけるなどがなければ、トータル的には悪化をしてしまうこともあるのです。

 

ピーリングよりおすすめの黒ずみケア

 

確かにピーリングは強制的に角質を排除できますし、ハイドロキノンやトレチノインも効果があると知られる薬です。
しかし、悪化をさせてしまったり、うまく効き目を実感できないようなことも多いです。

 

なぜなら黒ずみの原因を新たに作りだしてもいるからです。

 

陰部の黒ずみを解消したいのであれば、おすすめとしては刺激のない方法でケアをしていくことです。

 

どんな方法でケアをしても即効性のある方法はありません。それであれば、安全にケアをしていくことができる医薬部外品の黒ずみクリームなどで、少しづつ改善をしていく方がおすすめとなります。

 

また、通販などで簡単に購入ができるのでお手軽な点もメリットにはなっています。

 

同じように考えている人が多いためか陰部の黒ずみクリームを使ってケアをしていく人がどんどん増えているのですね。

 

 

page top