陰部の黒ずみを美白する方法

陰部の黒ずみについて解説する女性

 

Vゾーンと呼ばれるビキニラインの脱毛をすることで陰部の黒ずみにショックを受ける人は多いです。

 

「わたしの陰部ってこんなに黒ずんでいるんだ・・・」

 

なかにはアソコが黒いからって原因で彼氏と別れた経験をしている人もいます。経験人数の多い女は黒いって都市伝説が広まってしまっているのですね。そのため、多くの人が行うのが美白することです。

 

陰部の黒ずみを美白する方法としては3つあります。

  1. 美白クリームを使う
  2. ハイドロキノン呼ばれる薬を使う
  3. 美容皮膚科でのレーザー治療

 

この中でも特に人気なのが美白クリームを使った方法です。

 

ハイドロキノンは副作用があるので陰部に使うのはリスクが高く、美容皮膚科でのレーザーは費用が10万円では足りないので高額な治療となってしまいます。そのため、お手軽に美白できるクリームを使った方法が人気となっているのですね。

 

このサイトでは人気のクリームから、黒ずみを除去する方法まで解説しています。
陰部の黒ずみを美白したい人はご覧ください。

 

陰部の黒ずみに美白クリームの効果

 

陰部の黒ずみを美白するのに人気の方法はクリームを使うことです。
美白クリームには保湿成分と美白成分の2種類が配合されています。

 

角質層の奥にあるメラノサイトまで美白成分を浸透させることでメラニンの生成を抑制する効果があります。また、保湿成分によって刺激を軽減し、ターンオーバーを促進する効き目が期待できます。

 

陰部の黒ずみの原因は刺激によって生成されたメラニンが色素沈着していることです。

 

そのため、ターンオーバーの働きによってメラニンが色素沈着した皮膚を剥がし、新しい皮膚を作りだすことができるのですね。そのため、色素沈着したメラニンを除去し、美白する効果があります。

 

陰部の黒ずみクリームの選び方のポイント

 

陰部の黒ずみを美白するのであればクリームを選ぶポイントは3つです。

 

  1. 医薬部外品となっているか?
  2. メラノサイトまで浸透する美白成分が含まれているか?
  3. ターンオーバーを促進させる保湿成分が含まれているか?

 

この3つのうち、ひとつでもかけていれば満足する効果を得ることができないはずです。

 

陰部の黒ずみを美白するクリームといっても様々な種類が販売されています。人気となっているものの多くは医薬部外品として厚生省より認可されているクリームです。

 

薬用成分を配合しているので厚生省より医薬部外品として認められているので安心して利用することができます。口コミでも評判となっている美白クリームのほとんどは医薬部外品となっています。

 

なかには効き目がないと評判の悪いものもあるのでしっかりとチェックするようにしましょう。

 

人気の黒ずみクリームについて

 

陰部の黒ずみクリームといっても種類は豊富にあります。

 

脱毛サロンが監修をして作られたイビサクリームもあれば、湘南美容外科が監修をしたホスピピュアなど様々な場所から販売がされています。それだけ、多くの人が陰部の黒ずみには悩まされているのですね。

 

人気のクリームとしては医薬部外品であることが多いです。厚生省から認可されたクリームで、医薬品のような肌への影響は強くないですが、化粧品とは違い厚生省が美白効果があると認めている成分が含まれています。

 

そのためか効果を感じている人は多く、陰部の黒ずみが解消できたって口コミは沢山みることができます。
私も実際に使用をしたことはありますが、このサイトは広告を載せたり、特定の商品を勧めるつもりはありません。

 

他のサイトで実際に使って口コミを掲載しているサイトがあったので、人気の陰部の黒ずみクリームについてはそちらをご覧頂ければと思います。その際には選び方でも紹介をした、医薬部外品・メラノサイトまで浸透する美白成分・ターンオーバーを促進させる保湿成分の以上の3点を踏まえた物がおすすめとなります。

 

陰部の黒ずみを美白する3つの方法※陰部の黒ずみとさよなら

 

黒ずみを除去する薬「ハイドロキノン」はリスクが高い

 

黒ずみを除去することが薬といえばハイドロキノンが配合された薬が有名です。
特にユークロマクリームを使う人がほとんどではないかと思います。

 

しかし、ハイドロキノンが配合された薬を陰部の黒ずみに使うのはリスクが高いのでおすすめすることはできません。

 

ハイドロキノンにはメラニンを作りだすメラノサイトの細胞を減らし、黒ずみを除去する効果があります。肌の漂白剤なんて呼ばれ効き目も強いです。

 

ただ、刺激が強いことから多くの副作用が報告されている薬となります。

 

陰部はからだの中でも皮膚が薄く作られており、デリケートゾーンと呼ばれたりします。性器にも非常に強い為、刺激には注意をしなければなりません。

 

そんな場所に副作用のある刺激のある薬を使えば刺激を与え、余計にメラニンを分泌させる原因にもなってしまいます。黒ずみを除去するつもりが更に色が黒くなってしまうのですね。

 

ハイドロキノンの副作用

 

ハイドロキノンの副作用としては様々です。

 

ほとんどの人にあらわれる症状としては皮膚が赤くなり炎症を起こすことです。他にも黒ずみができたなどの報告やかぶれやかゆみなどの症状があります。

 

かゆみから爪などで傷つけてしまうことも肌に刺激を与え黒ずみができる原因となります。

 

もしも使ってしまい以上を感じたのであれば使用をすぐに止め、病院で医師に相談をするようにしましょう。恥ずかしいからと躊躇してしまうと取り返しの付かないことになりかねないので注意が必要です。

 

陰部の黒ずみ原因は刺激によるメラニンの分泌

 

陰部の黒ずみの原因は肌へ与えられた刺激によって分泌されたメラニンです。

 

  • パンツが擦れた刺激
  • 陰部のかゆみによる刺激
  • 汗で蒸れたことによる乾燥

 

これらの原因によって陰部は黒ずみができやすいです。皮膚が薄い部分となるのでからだの中でも色が黒ずんでしまいやすいのですね。

 

メラニンは色素を持っているため、分泌されることによって色が黒く見えるようになってしまいます。

 

しかし、メラニンが色素沈着してもターンオーバーによって角質と一緒に外に排出がされます。ただ、乾燥をしてターンオーバーの周期が乱れたり、メラニンの分泌量が多ければ肌に残ったままとなります。

 

この蓄積によって陰部の黒ずみの原因となってしまっているのですね。
そのため美白クリームを使って黒ずみケアを行うことが重要となります。

 

黒ずみケアの方法は簡単

 

陰部の黒ずみケアは自宅で行うことができます。

 

大事なのは保湿を行いターンオーバーを促進させるのと美白成分を角質層の奥まで浸透をさせることです。そのため、美白クリームを使って朝と晩の2回ケアすれば良いのですね。
ただ、美白クリームを使ってケアしているにも効果が得られないって人も少なからずいます。

 

もしも効き目を感じないのであれば黒ずみの原因を見直した方が良いです。乾燥に関しては配合されている保湿成分が解決してくれているはずです。

 

万が一、カサカサを感じるのなら潤い成分が豊富なクリームに変えてケアするようにしましょう。問題がないようであればパンツのサイズが小さく擦れて刺激を与えてしまっていないかを検討してください。

 

美白クリームを使ってケアをする。
効き目がないのなら原因を見直す。

 

陰部の黒ずみはきちんとケアをすれば美白するのは難しいことではありません。